核セキュリティとは?

9.11以降、テロ組織等の非国家主体による大量破壊兵器を用いたテロが現実の脅威となりました。この大量破壊兵器を用いたテロのうち「核」に関連する主なテロとしてIAEAは下図の4つのシナリオを想定しています。

「核セキュリティ(Nuclear Security)」とは、これらの核テロを防止するための多方面に亘る活動であり、原子力施設や核物質の防護のみならず、核物質以外の放射性物質の防護や輸出入管理といった水際対策等も対象としています。

nuclear tero
核テロの分類(出典:外務省ホームページ)

核セキュリティは、一義的に当事国に責任がありますが、問題が顕在化したときのインパクトは一国の境界に収まるものではありません。このため、地域及び国際レベルの協力が重要であると考えられています。

 

<核セキュリティ・サミット>

2009年4月、オバマ米国大統領はプラハにおける「核兵器のない世界」に関する演説において、核テロ回避のための国際的な核セキュリティを一層強化することの必要性を訴え、2010年4月には第1回核セキュリティ・サミットがワシントンにおいて開催されました。

第2回サミットは2012年3月にソウルで、第3回サミットは2014年3月にハーグで開催され、ワシントン・サミット以降の各国の取り組みの進展を評価するとともに、核テロが世界の安全にとって最大の脅威の一つであることを首脳レベルで再確認しています。次回サミットは2016年に米国で開催される予定です。

Seoul NSS Hague Summit
ソウル核セキュリティ・サミット
(提供:内閣広報室)
ハーグ核セキュリティ・サミット
(提供:内閣広報室)